メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

もう二度と

相模原殺傷事件2年 低賃金、過酷な現場 施設職員、苦悩深く 被告の心情「分かる」自分が怖い

 障害者施設殺傷事件が起きた相模原市の「津久井やまゆり園」と同じ障害者支援施設は全国に約2500カ所あり、14万6400人以上が暮らす。施設からグループホームなどに生活の場を移す「地域移行」が進み、施設には重度・高齢の障害者が残る。人手不足の中、低賃金で働く職員たちの悩みは深い。

 「事件の被告は絶対許せない。でも、日々の業務に忙殺されると、どこかで『気持ちは分かる』と思ってしまう自分が怖い」。やまゆり園とは別の関東地方の入所施設で働く男性職員(34)は、そう打ち明ける。

 「人の役に立ちたい」と福祉を学び、3年前から職に就いた。やりがいは感じるが、入所者の大半は最重度の…

この記事は有料記事です。

残り1246文字(全文1533文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 健康対策 米、メントールたばこ禁止方針
  2. 街頭演説 麻生氏「人の税金で大学に」 東大卒市長批判
  3. 橋爪功 「まんぷく」を朝ドラと知らず出演快諾 「泥臭く人間臭いドラマになれば」と
  4. クローズアップ2017 特養、受け入れ敬遠 国の制限「意味ない」
  5. 選抜高校野球 21世紀枠、推薦46校出そろう

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです