メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

臨時福祉給付金

高齢者3分の1に恩恵 支給ピーク

 低年金の高齢者に現金3万円を配る安倍政権の目玉政策「臨時福祉給付金」の支給が参院選前の今月、ピークを迎える。給付は1回限りで1130万人が恩恵を受ける。賃上げの影響が及びにくい高齢者の生活支援が目的とされるが、社会保障費に充てる計画だった消費税率10%への引き上げは再延期された。高齢世代に限った支給に、識者からは「(高齢者偏重の)シルバー民主主義だ」との批判もある。【小林慎】

この記事は有料記事です。

残り1294文字(全文1484文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. イチロー元選手がシアトル到着 「お疲れさまでした」の声 
  2. センバツきょう開幕 早くも強豪校激突、市立校対決も
  3. 「いつか酒でも飲みながら」ゴジラ、イチロー引退にしみじみ
  4. 借り上げ復興住宅で住民女性退去の判決 最高裁初の判断
  5. 第91回センバツ開会式始まる あこがれの聖地を球児らが次々と行進

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです