メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

自民都連会長「稲田氏発言、選挙結果に影響した」

自民党の劣勢が伝えられ、厳しい表情を見せる同党の下村博文・東京都連会長=東京都千代田区の同党本部で2017年7月2日午後8時35分、長谷川直亮撮影

 自民党の下村博文都連会長は2日、民放テレビ番組に出演し、都議選の結果について「非常に厳しい予想になりそうだ。国政の問題が都議選に直結し残念。すぐに撤回されたが、残念ながら影響があった」と述べ、稲田朋美防衛相が応援演説で「自衛隊としてもお願いしたい」と発言したことなどが選挙戦の結果に影響したとの見方を示した。

 また、公明党が都議選で、自民党と対立する小池百合子知事が代表の「都民ファーストの会」と選挙協力したことについて、「国政では安倍晋三政権下において、(自民党と公明党は)これからも揺るぎない関係が続くと思う」と語った。

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 特集ワイド 衆院選 投票すべきか迷うあなたに 棄権は危険 「抗議の白票」は逆効果
  2. イオン 21日から「台風コロッケ」 通常より5割増し
  3. 衆院選 全国で警告1458件 選挙違反
  4. プロ野球CS 22日、23日中止なら広島王手 
  5. 衆院選 首相「何にとは言えないが『負けない』」

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]