メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

アジア大会

「日本の形の強さを見せられた」金の喜友名

空手男子形決勝で優勝した喜友名諒=ジャカルタで2018年8月25日、宮間俊樹撮影

 ジャカルタ・アジア大会は第8日の25日、空手の男子形が行われ、世界選手権2連覇中の喜友名諒(劉衛流龍鳳会)が金メダルを獲得した。日本勢の同種目での優勝は2006年ドーハ大会の古川哲也以来12年ぶり。

 空手発祥の沖縄出身の世界王者が、日本の伝統競技ながら2大会連続で逃していた金メダルを取り戻した。試合後は「日本の形の強さを見せられた」と笑みを浮かべた。

 空手の競技会場、とりわけ形では静寂に響く演武者の気合の声も魅力だ。しかし、準決勝の相手は地元インド…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 盛岡の40代同性カップルがフォトウエディング 企画の団体「地方まだ理解進んでいない」
  2. 青森市議、今度は盗聴疑い 議員控室内をスマホで録音
  3. 事故 バイク3台転倒、男女6人死亡2人重傷 奈良の国道
  4. 特別支援学校の34歳教諭逮捕 小学生男児に強制性交容疑
  5. 難病を紹介する動画 人気声優が拡散に一役

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです