メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

熊本地震

避難生活、障害者ら一層の困難

車椅子に乗って避難所にいる馬場トミ子さん(左)と娘の京子さん=熊本市東区の市立長嶺中学校で2016年4月17日、山本愛撮影

 やまない余震とライフラインの復旧の遅れで、避難者が増えている。避難生活でとりわけ困難を感じているのが、病気や障害がある「災害弱者」だ。

 熊本県益城(ましき)町広崎の坂本清文さん(66)は妻紀久子さん(63)と近くの小学校の教室に避難した。7年前に脳内出血で倒れ左半身不随で、要介護5。電動の介護用ベッドは避難所に持ち込めず、教室の床に段ボールと毛布を敷いて寝る。おむつは紀久子さんが交換するが、停電が続く中夜の介護は難しい。

 入浴は普段デイサービスに任せており、今は水でぬらしたタオルで体を拭くのが精いっぱいだ。「いつまでこ…

この記事は有料記事です。

残り409文字(全文672文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ミナミ拠点の半グレ集団「アビス」リーダーら数十人逮捕 傷害容疑など
  2. デートDV 暴言や暴力…被害者は男子生徒、女子の倍以上
  3. 世界の雑記帳 工場から液状チョコあふれ道路に、ドイツ西部で消防隊が緊急出動
  4. 面前DV判決 元少年に必要なのは…重い刑罰か治療か 
  5. 社説 順天堂大も入試不正 言い訳の非常識さに驚く

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです