メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

熊本地震

避難生活、障害者ら一層の困難

車椅子に乗って避難所にいる馬場トミ子さん(左)と娘の京子さん=熊本市東区の市立長嶺中学校で2016年4月17日、山本愛撮影

 やまない余震とライフラインの復旧の遅れで、避難者が増えている。避難生活でとりわけ困難を感じているのが、病気や障害がある「災害弱者」だ。

 熊本県益城(ましき)町広崎の坂本清文さん(66)は妻紀久子さん(63)と近くの小学校の教室に避難した。7年前に脳内出血で倒れ左半身不随で、要介護5。電動の介護用ベッドは避難所に持ち込めず、教室の床に段ボールと毛布を敷いて寝る。おむつは紀久子さんが交換するが、停電が続く中夜の介護は難しい。

 入浴は普段デイサービスに任せており、今は水でぬらしたタオルで体を拭くのが精いっぱいだ。「いつまでこんな状態が続くのか」。心労も重なり、紀久子さんは先の見えない避難生活に頭を抱える。

 熊本市東区の馬場トミ子さん(84)はパーキンソン病を患う。16日未明の地震で自宅の家具などが倒れ、同居する三女京子さん(50)と車で近くの中学校体育館に避難した。夜は車の中で過ごす。京子さんは「体が引きつり、精神的にも不安定で落ち着いて寝られないようだ」と話す。

 体が不自由で車椅子を使う馬場さんには避難所のトイレは使いにくく、おむつの交換も人前では難しい。馬場さんは「トイレは我慢している。ちゃんと横になって休める場所がほしい」。

 熊本市は16日、障害がある人が使いやすい福祉避難所10カ所を開設した。市内の要援護者は約3万5000人いるが、17日時点で避難者は13人にとどまるという。福祉避難所の周知不足が原因とみられ、市職員が一般の避難所で身体障害者らに接した場合、声をかけて知らせているという。【石川将来、山本愛、井川加菜美】

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 卑わいな言動容疑 「5年前から盗撮やのぞきを300回」
  2. 千葉の路上 男性、背中刺される 通り魔か 容疑者は逃走
  3. 消えない傷 性的虐待に遭って 第3章/4 「少し変な話」は大事なサイン
  4. 障害者施設 元職員の女性「虐待告発したら報復でうつ病」
  5. 仮想通貨 流出ネム580億円、資金洗浄完了か 専門家

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]