メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「昼からワイン」「サンバカーニバル」「報告書はウィキをコピペ」 地方議員海外派遣の実態

2018年の海外派遣で訪れたスペイン・マドリードの市役所前で記念写真に納まる北九州市議会の議員たち。滞在中の一部議員による公務中の飲酒などが問題になった=北九州市議会事務局提供

 「事実上の観光旅行で公費の無駄遣い」との批判などを受けて自粛が広がっていた地方議員の海外派遣が復活している実態が毎日新聞の調査で浮かび上がった。復活後も飲酒や史跡見学など「観光」と受け取られかねないケースが各地で頻発。成果が議員活動に反映されているのか疑問視する声も多く、費用の返還を命じる判決も相次いでいる。

 北九州市では、市議8人と随行職員2人が2018年6~7月に7泊8日でスペインとフィンランドを視察。福祉や環境施策の研究を目的とした海外派遣で公費約800万円をかけていたが、一部議員が昼食時にワインを飲んだり、観光地を訪問したりする様子が日本のテレビ番組で放映され、批判や苦情が約800件寄せられた。

この記事は有料記事です。

残り735文字(全文1041文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. コロナで変わる世界 <医療編 インタビュー②>大山加奈さん コロナ禍での不妊治療「不安だったが待っていられなかった」

  2. フォーカス 松下洸平 ドラマ「#リモラブ」青林風一役 恋がほぐす頑固な心

  3. ORICON NEWS 映画『コナン』来年4・16公開決定 高山みなみ「ワクワク感高めていきたい」 新プロジェクトも発表

  4. 不法残留の疑い ベトナム人3人逮捕 梨の窃盗事件で家宅捜索 埼玉県警

  5. 特集ワイド 国民・山尾議員、一躍「党の顔」 「永田町の常識」と決別、新たな野党像模索

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです