メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

飲酒運転の巡査部長を減給処分「事故しなければ、ばれないと思った」 職務質問受け発覚

大阪府警本部

 酒を飲んで原付きバイクを運転したとして、大阪府警は19日付で、本部所属の30代の男性巡査部長を減給1カ月(10分の1)の懲戒処分にした。巡査部長は「事故をしなければ、ばれないと思った」と説明。過去にも飲酒運転したと話しており、同日付で依願退職した。

 監察室によると、2019年12月6日午後10時半…

この記事は有料記事です。

残り168文字(全文318文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 中国産ウナギ1200匹を国産と偽り販売 容疑で元従業員ら書類送検 大阪府警

  2. コロナ感染半年後も98%が抗体保有 重症度高いほど防ぐ能力強く 横浜市大

  3. 季節外れ?のサクラ咲く 安倍前首相「桜を見る会前夜祭」会場ホテル付近で

  4. 大阪で新たに427人の感染確認 400人超えるのは4日ぶり 新型コロナ

  5. 香港の周庭氏に禁錮10月、初の実刑 黄氏は13月半 昨年警察包囲デモ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです