メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

地震

南海トラフ新観測網、23年度完成 空白域解消へ

主な海底観測網

 切迫する南海トラフ地震に備え、政府の地震調査研究推進本部は、高知県と九州をつなぐ海底ケーブル式の地震・津波観測システム「N-net」(エヌネット)の整備案をまとめた。文部科学省は来年度予算の概算要求に約32億円を計上し、2023年度の完成を目指しており、総工費は約200億円を見込む。

 Nは南海トラフをローマ字表記した際の頭文字。震源により近い海底での観測により、緊急地震速報に用いる地震波は最大で約20秒、津波の高さは約20分、従来より早く検知できる見込み。気象庁は津波警報で予想される津波の高さの修正などに反映し、住民の避難に生かす。

 文科省などによると、高知県の室戸岬沖から日向灘に約900キロのケーブル2本を張り巡らし、計40の観…

この記事は有料記事です。

残り365文字(全文685文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京五輪招致 9億円の文書が行方不明の奇怪

  2. 「桜を見る会」安倍首相の説明に疑問の声 領収書、何が問題か?

  3. 沢尻エリカ容疑者を逮捕 合成麻薬MDMA所持認める 警視庁

  4. 石破氏「幕引きにならない」 桜を見る会巡り、首相に記者会見求める

  5. 大阪桐蔭が優勝 8大会連続14回目 高校ラグビー大阪大会

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです