連載

インバウンド・聖地巡礼

毎日新聞デジタルの「インバウンド・聖地巡礼」ページです。最新のニュース、記事をまとめています。

連載一覧

インバウンド・聖地巡礼

/36 新宿の模型店「KATO」 鉄道好きも驚く精巧さ /東京

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
 ジオラマ模型の中を走る「瑞風」を見つめるホップヘルドさん。「まるで本物みたいだね」
 ジオラマ模型の中を走る「瑞風」を見つめるホップヘルドさん。「まるで本物みたいだね」

 以前、この欄に登場した日本大好きのスペイン人のスーパー店長、ダビッド・リバスさん(38)が昨年末も東京にやってきた。大のアニメファンで、今回も13日間の関東滞在中、アニメの聖地を訪ね、「ブックオフ」で中古のゲームソフトを、秋葉原ではフィギュアをあさり回った。

 自称「鉄チャン」でもある彼が、大宮の鉄道博物館に続いて向かったのが、新宿区にある「ホビーセンターカトー東京(KATO)」。「鉄道好きにとっても、たまらない国なんだよね」。訪日の目的の一つに「鉄道」を挙げる訪日外国人(インバウンド)は少なくない。

 住宅街に「KATO」のショールームができたのは1986年。玄関先の真っ赤な電車がトレードマーク。国内でも鉄道模型を製造、販売する会社は複数あるが、最大手の「KATO」は社内で一貫生産するのが特徴。種類の多さと手ごろな価格でも人気だ。店内には、国内の列車を中心に1000種類以上の列車やレールなどの部品、ジオラマを作るための周辺風景のミニチュアがいっぱいだ。

この記事は有料記事です。

残り1080文字(全文1512文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集