メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

アメフット

監督会見を追認 日大の再回答書

 日大アメフット部が悪質タックル問題に関する調査結果として、24日に関学大に提出した再回答書の概要が判明した。関係者によると、同部はタックルをした宮川選手から直接事実の聞き取りをしていないため、今回の調査結果が最終的な結論ではなく、近く日大が設立する第三者委員会で真相を究明するとした。

 再回答書は内田前監督と井上元コーチが23日に行った会見内容に沿ったもので、内田前監督が選手に反則を促す指示は確認できなかった。また、同部のチームメートの証言により、井上元コーチが関学大のQBを「つぶせ」と指示した事実は確認できたが、同選手の受け止め方までは把握できていないとしている。

 再回答書を受け、関学大は26日に鳥内秀晃監督と小野宏ディレクターが負傷した選手の父の奥野康俊さんとともに記者会見し、日大への対応を説明する。【村上正】

この記事は有料記事です。

残り451文字(全文813文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 児童手当受給世帯、子供1人につき1万円支給へ 政府コロナ緊急経済対策

  2. 医療従事者153人の感染判明 院内感染も発生 医療崩壊の懸念 新型コロナ

  3. 各国で計画進むBCGの臨床試験 感染予防へ高まる期待 「命の危険」懸念も

  4. 現金給付 「自己申告制」で1世帯30万円支給へ 「収入減」示す書類求める

  5. こんにちは、赤ちゃんチーター 兵庫・姫路セントラルパークで一般公開

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです