山梨・北杜

中1いじめ半年「放置」 「重大事態」認めず

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
「いじめ」を巡る経緯
「いじめ」を巡る経緯

 山梨県北杜市で昨年11月、自殺を図った市立中1年(当時)の女子生徒(14)がいじめの被害を訴えたにもかかわらず、学校側はいじめによる「重大事態」と認めていなかったことが判明した。国のガイドラインは重大事態の疑いが生じた段階で速やかな調査を義務付けているが、学校側は遅くとも同年12月にいじめの疑いを把握しながら、第三者委員会は約半年後の今年7月まで設置されなかった。【野呂賢治】

この記事は有料記事です。

残り1082文字(全文1272文字)

あわせて読みたい

ニュース特集