メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

木語

「ミリシア」介入の懸念=坂東賢治

 <moku-go>

 米中が初めて結んだ条約は「望厦(ぼうか)条約」だ。アヘン戦争後の1844年にマカオで調印された。この条約で初めて公式に使われたのが「合衆国」の表記だ。州が集まった連邦共和国を意味する「ユナイテッド・ステーツ」の訳で、日本でも使われるようになった。

 それ以前には「合省国」の表記もあったという。日本でも「合州国」の方が適訳という議論があるが、選挙で代表を選ぶ共和制のイメージから「衆を合わせた国」という意味の「合衆国」表記が定着していったのだろう。

 それでも米国の本質は「州を合わせた国」ではないかと思わされる時がある。4年に1度の大統領選もそうだ。州ごとの勝敗で得られる選挙人の総数で最終的な勝者を決める制度は州の合意で連邦政府が作られた歴史の反映だ。

この記事は有料記事です。

残り679文字(全文1016文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. GSで偽1000円札使われる 山口・下関 透かしある手の込んだ作り 記番号や印影はなし

  2. 時短に「またか」「悩む」 東京都内の飲食店悲鳴 「従わないと白い目で…」

  3. ソフトバンクが日本一 巨人に4連勝し、4年連続11回目 シリーズ最多12連勝

  4. 「感染を制御できない」 専門家に強い危機感 会合後に漏れた本音

  5. 経路不明急増、保健所パンク…「日本モデル」もう限界 「政府も危機感共有を」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです