モンキーセンター所長「霊長類学の思い、継ぐ」 河合雅雄さん悼む

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
日本モンキーセンターの伊谷原一所長=愛知県犬山市で2020年4月3日午後3時1分、川瀬慎一朗撮影
日本モンキーセンターの伊谷原一所長=愛知県犬山市で2020年4月3日午後3時1分、川瀬慎一朗撮影

 宮崎県・幸島(こうじま)のニホンザルの群れでサルが海水でイモを洗う行動を発見するなど、日本のサル学を飛躍的に発展させた元京都大霊長類研究所長で、京大名誉教授の河合雅雄(かわい・まさを)さん(人類学、生態学専攻)が14日、老衰のため兵庫県丹波篠山市の自宅で死去した。97歳だった。

   ◇

 亡くなった河合雅雄さんは、京都大霊長類研究所(愛知県犬山市)や世界最大級の霊長類動物園「日本モンキーセンター」(同)の所長を務めた。同園…

この記事は有料記事です。

残り321文字(全文534文字)

あわせて読みたい

注目の特集