メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

都市対抗野球

日通エース高山完封勝ち 11年ぶりの4強

【日本通運(さいたま市)-西濃運輸(大垣市)】日本通運の先発の高山、九回を完封=東京ドームで2017年7月23日、渡部直樹撮影

 社会人野球の第88回都市対抗野球大会(毎日新聞社、日本野球連盟主催)は大会10日目の23日、東京ドームで準々決勝3試合。第2試合は日本通運(さいたま市)と西濃運輸(大垣市)が対戦。エース高山が西濃運輸打線を完封した日本通運が11年ぶりのベスト4進出を決めた。

○日本通運(さいたま市)2ー0西濃運輸(大垣市)●

 日本通運は三回、木南の左越えソロで先制。八回は北川の右越え適時二塁打で追加点を奪った。先発・高山は7安打を許したものの、要所を締めて今大会初の無四球完封勝利を挙げた。西濃運輸は五回1死満塁の好機で無得点に終わるなど、決定打を欠いた。

この記事は有料記事です。

残り495文字(全文767文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪都構想 広報動画は賛成誘導 担当局の課長発言

  2. 立憲、2人の重鎮に注目 小沢氏「思い切った政策を」 中村氏「野党連携に注力」

  3. はんこは害悪=不見識 山梨県知事、河野氏に苦言「押印と区別を」

  4. 工事現場の足場から金属製パイプ落下 通行人2人が重軽傷 神戸

  5. メルケルの歩み サウナバッグを手に「壁」越えた日 物静かな優等生35歳の転身

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです