メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

睡眠障害

「ナルコレプシー」覚醒物質で症状抑制

 昼間に急激な眠気に襲われる深刻な睡眠障害「ナルコレプシー」の症状が、脳内の覚醒物質「オレキシン」に近い働きをする物質で抑えられることをマウスの実験で確かめたと、筑波大の研究チームが発表した。ナルコレプシーの治療は対症療法しかないが、根本的な治療薬の開発が期待されるという。16日の米科学アカデミー紀要に掲載された。

 ナルコレプシーは日中、突然眠気に襲われたり、感情が高まると筋肉が脱力したりするなどの症状がある。1000人に1人が発症するといわれ、社会生活への影響が大きい。

この記事は有料記事です。

残り261文字(全文499文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. KDDIも携帯割安プラン導入 20ギガ4000円弱で調整 月内に公表

  2. ガス吸う遊び中にボンベ爆発、アパート2室焼ける 重過失失火容疑で10代3人逮捕

  3. 史上最大級の「ペヤング超超超超超超大盛やきそばペタマックス」発売へ 通常の約7.3倍 まるか食品

  4. 網戸のひもで6歳死亡 両親、アルミ建材大手を提訴 「欠陥で首に絡まり」

  5. ORICON NEWS 映画『鬼滅の刃』興収300億円に向けファン団結「煉獄さんを300億の男に」 『コナン』に似た運動

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです