メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

睡眠障害

「ナルコレプシー」覚醒物質で症状抑制

筑波大の研究チームがマウスの実験で確認

 昼間に急激な眠気に襲われる深刻な睡眠障害「ナルコレプシー」の症状が、脳内の覚醒物質「オレキシン」に近い働きをする物質で抑えられることをマウスの実験で確かめたと、筑波大の研究チームが発表した。ナルコレプシーの治療は対症療法しかないが、根本的な治療薬の開発が期待されるという。16日の米科学アカデミー紀要に掲載された。

 ナルコレプシーは日中、突然眠気に襲われたり、感情が高まると筋肉が脱力したりするなどの症状がある。1…

この記事は有料記事です。

残り272文字(全文499文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 三原じゅん子議員「愚か者の所業」って…「謙虚さ忘れた圧政者」と批判
  2. Hey! Say! JUMP有岡さん「アイドル界の池上彰さん目指す」 新連載で
  3. 「2球で3アウト」無死走者なしで珍事 高校野球で 関係者は「初耳」
  4. ウソだった…宮迫博之ら11人を謹慎処分「2万〜3万円のギャラの芸人も 最初から全てを話すべきだった」(スポニチ)
  5. 女子中学生を2年監禁 寺内被告に懲役12年 東京高裁判決

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです