メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

宮下英樹さん、ゆうきまさみさん…漫画家らが北条早雲語る 小田原で9月、五百年忌記念イベント

講演する宮下氏の最新原画「小田原城総構早川口に攻めかかる仙石権兵衛」=小田原市提供

[PR]

 戦国時代に小田原北条氏5代約100年の礎を築いた北条早雲(伊勢宗瑞)の五百年忌記念イベントとして、特別講演会「伊勢宗瑞~漫画家と歴史家が語る北条早雲~」が9月1日、神奈川県の小田原市民会館で開かれる。小田原城天守閣で開催中の特別企画「センゴク権兵衛原画展」(9月8日まで)に合わせ、漫画家や歴史家がそれぞれの視点から北条氏と小田原を語る。

 参加する漫画家は漫画雑誌「ヤングマガジン」(講談社)で「センゴク権兵衛」を連載、天守閣で原画展が開かれている宮下英樹さんと、同「月刊スピリッツ」(小学館)で伊勢新九郎(北条早雲)をモデルにした「新九郎、奔る!」を連載中の、ゆうきまさみさんの2人。戦国時代が専門で北条氏や甲斐武田氏、駿河今川氏に関する研究を進めている駿河台大学の黒田基樹教授と、小田原城天守閣の諏訪間順館長の計4人が語り合う。

 講演会では最初に、諏訪間館長が「見直される北条早雲こと伊勢宗瑞」、黒田教授が「最新研究 伊勢宗瑞」と題してそれぞれ特別講演。その後、宮下さんとゆうきさんの2人の漫画に描かれた宗瑞や北条氏についてトークセッションが行われる。

 講演会は午後1~5時まで。会費1000円。問い合わせは市観光課が事務局を務める北条早雲公顕彰五百年事業実行委員会(0465・33・1521)。【澤晴夫】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. エンタメノート 新iPhone「5G待ち」する? AppleTV+にも注目

  2. 「帽子なくして注意したら『本当の父親じゃない』に激高」供述 さいたま小4遺棄

  3. さいたま小4殺害 一家を知る人ら「信じられない」「なぜ」 遺棄容疑、父逮捕に

  4. ラグビーW杯、「旭日旗」騒動なしのなぜ?

  5. 政宗の隠し子宛て書状か 佐沼亘理家の初代当主へ 宮城

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです