メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「反日」中傷

横行を考える 是枝監督「今日性浮き彫り」

「反日」バッシングなどについて語る是枝裕和監督=東京都渋谷区で、竹内紀臣撮影

 公権力と一線を画した表現や研究は「反日」なのか。カンヌ国際映画祭の最高賞を受け、政府の祝意を断った是枝裕和監督が「国の助成金を利用したのに非礼だ」「映画は反日的内容」などバッシングされた。「反日」というレッテル貼りが横行する背景を考える。【中川聡子/統合デジタル取材センター】

文化は国を超える

 文化庁に2000万円の助成を受けた是枝さんが「万引き家族」で最高賞を受けた直後の先月、国会で林芳正文部科学相が是枝さんに祝意を伝える考えを示した。これに対し、是枝さんは「映画が国益や国策と一体化して不幸を招いた過去の反省に立ち、公権力とは距離を保つ」との見解を公表。辞退の意向に批判が噴出した。

 是枝さんの見解には助成金への謝意も書かれている。「読んでいないのか、意図的な誤読なのか、『反日だ』…

この記事は有料記事です。

残り1912文字(全文2257文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 訃報 ソウルの女王 アレサ・フランクリンさん76歳
  2. ユーチューバー 玉石混交、過激動画も相次ぐ
  3. 日南市長 女性職員に「会いたかった」 60人に誤送信
  4. 不適格公務員 パトロール拒否の警官を分限免職 大阪府警
  5. 鳥栖 中1いじめ、謝罪の市 提訴で態度一変「知らない」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです