メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

風知草

日韓急転の深層=山田孝男

題字・絵 五十嵐晃

 日韓ジーソミア(GSOMIA、軍事情報包括保護協定)破棄を決めた韓国の大統領府が、協定失効寸前の22日午後6時、継続へ方針転換を発表した。

 大統領府は同時に、世界貿易機関(WTO)に日本を提訴する手続きを停止する意向も表明した。

 ジーソミア破棄を阻んだ主役は米国に違いない。米本土や在日米軍のレーダー群、在韓米軍の新型ミサイル防衛システムの一体運用で北朝鮮や中国のミサイルに備える必要がある。

 ただし、日韓も、米国にオンブにダッコでいがみ合っていたわけではない。転換のお膳立てをしたのは日韓の…

この記事は有料記事です。

残り1079文字(全文1326文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「中村先生の命を守れなかった。ごめんなさい」 成田に在日アフガン人ら集まる

  2. 「悔しくて仕方ない」「一緒に仕事、人生の宝」中村哲さん銃撃死 今も慕う人びと

  3. 中村哲医師殺害 政府、襲撃情報を把握 中村医師も警戒 アフガン

  4. 「憲法9条なくては日本でない」 「豊かさの考え変えないと」 中村哲さんの言葉

  5. 40代半ば ソウル下宿日記 韓国人客の消えた対馬に釜山から行ってみた

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです