メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

高校野球、九州地区大会が開幕 決勝は24日予定

選手宣誓する佐賀学園の堤涼生主将=佐賀市のみどりの森県営球場で2019年10月19日午前9時26分、黒澤敬太郎撮影

[PR]

 来春の選抜高校野球大会の出場校を選ぶ参考資料となる第145回九州地区高校野球大会が19日、佐賀市のみどりの森県営球場と佐賀ブルースタジアムで開幕した。各県大会を勝ち上がった上位2校の計16校が出場し、熱戦を繰り広げる。決勝は24日の予定。

     開会式はみどりの森県営球場であり、佐賀学園の堤涼生(りょう)主将(2年)が「先輩方が築き上げてきた伝統を胸に、最後の一球まで熱くプレーすることを誓います」と選手宣誓した。

     一方、第54回九州地区高校軟式野球大会は20~22日、佐賀県嬉野市のみゆき球場で開催される。【黒澤敬太郎】

    おすすめ記事
    広告
    毎日新聞のアカウント
    ピックアップ
    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 小6女児が2日前から行方不明 大阪府警、情報提供呼びかけ

    2. 女子高校生、フェリーから飛び降り死亡 家族から不明届、警察官が保護し同行中

    3. 教諭が女子中学生にわいせつ 陸上部の合宿中、発覚後に行方不明 兵庫

    4. 「元の生活に戻れない」特殊詐欺で無罪確定の大学生 勾留10カ月で留年

    5. わずか20分の間に…両親が当日の経緯を公表 山梨女児不明

    のマークについて

    今週のおすすめ
    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです