メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

鹿児島城西、福岡第一、城北、大分商が初戦突破 秋季高校野球九州地区

高校野球秋季九州大会【大分商-大崎】10回3失点で完投した大分商の川瀬堅斗=佐賀市の佐賀ブルースタジアムで2019年10月20日午前10時4分、伝田賢史撮影

[PR]

 第145回九州地区高校野球大会は20日、佐賀市のみどりの森県営球場と佐賀ブルースタジアムで1回戦4試合があった。

     鹿児島城西は投打がかみ合い、佐賀学園にコールド勝ち。福岡第一も七回コールドで初出場の八重山農林(沖縄)を破った。城北(熊本)は今夏の甲子園に出場した富島(宮崎)にサヨナラ勝利。大分商は116季ぶり出場の大崎(長崎)との延長戦を制した。

     大分商・渡辺正雄監督 我慢比べと思っていた。先発の川瀬は九回に先頭打者を出したがよく粘った。

     大崎・清水央彦監督 追いついた八回で勝ちきれないとだめ。九回のサヨナラ機も生かせなかった。十回は、投手交代を決断できなかった。(スタンドを埋めた応援に)勝って喜んでもらいたかった。

     鹿児島城西・佐々木誠監督 バッテリーがしっかり抑えてくれた。打線は2巡目から積極的に打ちにいき、チャンスでしっかり得点できたのがよかった。

     城北・末次敬典監督 3点以内の勝負をしたかった。投手は点を取られすぎだが、打線がよく粘ってくれた。本塁打を打たれないよう、コントロールに気をつけさせたい。

     福岡第一・平松正宏監督 (2番手の)久場は福岡県大会の準決勝、決勝で好投して自信をつけている。相手は思いきり振ってきて怖さがあった。

     八重山農林・新里和久監督 自分の力量の足りなさを感じた。生徒と一緒に成長したい。(初回のスクイズ失敗は)サインミス。平常心を保てなかった。選手たちは最後まであきらめていなかった。

    おすすめ記事
    広告
    毎日新聞のアカウント
    ピックアップ
    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 特攻兵器「回天」の記憶を、父の遺志受け米国で語り継ぐ マイケル・メアさん追悼式参列

    2. センバツ「21世紀枠」推薦校、46校出そろう 12月13日に候補校発表

    3. 女性宅に約40回電話も 元埼玉県議をストーカー規制法違反容疑で逮捕

    4. 女優の木内みどりさん死去、69歳 バラエティー番組でも活躍

    5. 「日本で問題起きた」反日批判で外務省急変 ウィーン美術展公認取り消し

    のマークについて

    今週のおすすめ
    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです