メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

防除なき駆除「人間の負け戦」 ヒグマ研究40年提言

8月に札幌市内で駆除されたヒグマの頭蓋骨を調べる間野勉さん=札幌市北区の道立総合研究機構環境科学研究センターで2019年9月27日、竹内幹撮影

 道立総合研究機構環境科学研究センター(札幌市北区)にある間野勉さん(59)の研究室。柔らかな日差しを浴び、標本が入った数々の瓶が机の上で金色に輝く。中にはヒグマの胃から採取した内容物が入っている。トウモロコシ、リンゴ、エゾシカの肉。棚にはヒグマの頭蓋骨(ずがいこつ)が並ぶ。

 研究者としてヒグマを追い続けて約40年になる間野さんは、今年8月に札幌市で駆除された雌の頭蓋骨を手に取り、「彼女はやってはいけないことをやってしまったね」と寂しげにつぶやいた。

 近年、住宅地に出没するヒグマが増えて各地で問題化しており、札幌市でも出没情報は191件(27日現在)と既に昨年1年間より54件多い。場所は「彼女」が駆除された南区が大半を占める。駆除しかなかったのか。駆除で問題は解決するのか。そんな疑問を胸に9月下旬、間野さんと現場を訪ねた。

この記事は有料記事です。

残り1227文字(全文1593文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 宅八郎さん死去 57歳 「おたく評論家」の肩書でテレビ番組出演

  2. 菅首相、初論戦は「逃げ」全集中 9月の約束「丁寧な説明」はどこへ

  3. 特集ワイド 「桜を見る会」スクープ、赤旗 視点変え、見えた腐敗

  4. 新型コロナ 北海道・旭川の病院、214人集団感染 永寿病院に並ぶ 他院でも173人

  5. 「へずまりゅうの弟子」名乗るユーチューバー逮捕 山口の墓地で卒塔婆振り回した疑い

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです