特集

広島・長崎原爆

1945年8月、広島・長崎へ原爆が投下されました。体験者が高齢化するなか、継承が課題になっています。

特集一覧

「核兵器禁止条約、一日も早く批准を」 田上市長・長崎平和宣言全文

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
長崎原爆犠牲者慰霊平和祈念式典で「長崎平和宣言」を読み上げる長崎市の田上富久市長=長崎市の平和公園で2020年8月9日午前11時5分、徳野仁子撮影
長崎原爆犠牲者慰霊平和祈念式典で「長崎平和宣言」を読み上げる長崎市の田上富久市長=長崎市の平和公園で2020年8月9日午前11時5分、徳野仁子撮影

 長崎市で開かれている長崎平和祈念式典で、同市の田上富久市長が今年の平和宣言を読み上げた。

 全文は次の通り。

長崎平和宣言

 私たちのまちに原子爆弾が襲いかかったあの日から、ちょうど75年。4分の3世紀がたった今も、私たちは「核兵器のある世界」に暮らしています。

 どうして私たち人間は、核兵器をいまだになくすことができないでいるのでしょうか。人の命を無残に奪い、人間らしく死ぬことも許さず、放射能による苦しみを一生涯背負わせ続ける、このむごい兵器を捨て去ることができないのでしょうか。

 75年前の8月9日、原爆によって妻子を亡くし、その悲しみと平和への思いを音楽を通じて伝え続けた作曲家・木野普見雄さんは、手記にこうつづっています。

この記事は有料記事です。

残り2091文字(全文2405文字)

【広島・長崎原爆】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集